こころの和☆

好きなこと、愛するもの、気になったこと、星のメモなど☆自由に綴ってゆきます

神示の音読☆変化してきたこと

こんにちは~

 

大日月地神示後巻の音読

4巡目が終わった。

 

確か、はじめて読みはじめた時は

ただ読んでるだけだったな~と

 

それが、2巡目、3巡目と

繰り返してゆくうちに

 

少しずつその意味が

分かるようになっていたりもして。

 

ゆっくりゆっくりと

理解しようという気持ちで

音読したくなっている。

 

という変化に気づく。

 

 

前にも書いたけど、

読んでいても忘れているところも

いっぱいなので、

 

忘れっぽいのか、

腹に入っていなかったのか

 

何度読んでも、そっかそっかと

身に沁みるし、

心改めることばっかなのです。

 

だから何度も音読しても

新鮮な気持ち。

 

そうやって、気づいて

心身浄化にもなっているという

実感もありです。

 

不思議と身体も軽いですし、

 

そういえば、

感情の揺れ動きあっても

神示音読すると落ち着いていくし、

 

これまで色々と

やってきていた

様々な癒し方法よりも

すごくいいな~って感じてます。

 

やってもやっても

同じようなところで

堂々巡りしてたから。

それがない。

 

だから、むちゃくちゃ

楽なのです~!!

っていう私の実感です。

 

だからというものもあって

続いているのかもな~

 

後巻最後のほうにも

こう書いてあった。

 

大日月地神示後巻 七十二

 

何度も何度も読みなされよ。

神示、元にしなされ。

腹に落とし込み、身になされ。

神示八通りに読めると申しておるが、

馬鹿正直に鵜呑みにするでないぞ。

八通りとは、八つではなないのじゃぞ。

十人十色、百人百色じゃ。

そなた読む度に受け取り方、変わりますのぞ。

同じところ読んでも同じにはならん。

千回読めば千の教え得るに等しいのぞ。

己、変化し続けるものであるからぞ。

 

 

また5巡目もゆるりと

続けてゆくつもり。

 

あらためて、

神示に出会えたことに

感謝です(*^-^*)

 

今日もありがとうございました。

  

大日月地神示【後巻】

大日月地神示【後巻】

  • 作者:神人
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: 単行本